景気はいざなぎ越えだそうで、4年10か月超えたらしいです。素晴らしいですね

いざなぎ超え データで探る中間層の実像|NHK NEWS WEB

http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0925.html?utm_int=detail_contents_tokushu_001

 

一億総活躍と呼ばれた時の景気回復の期間を超えて戦後2番目の回復の途上ということらしいですが。自分は絶賛下降中です。

さすがNHKさまということで、なぜ実感がないのかというのが書かれています。

国民生活基礎調査という統計をバブル景気のころからさかのぼって世帯年収を調べてみると

今から22年前、バブル景気前夜の1985年の世帯年収の中央値は418万円。収入は増え、バブル景気が終わった平成3年には521万円に。その後、1995年に年収の中央値は550万円に上がってピークをつけました。「中間層」の底上げが進んだ形です。

しかし、そこから年収は下がり始めました。2001年に500万円を割り込み、その後は、400万円台に逆戻り。2014年からは少し上向きましたが、最新の2015年のデータで中央値は428万円。ピークに比べ122万円低くなっています。中間層の収入は下がり、所得の低い世帯の割合が増えているのもグラフから見えてきます。

この上のブロック非常に重要だと思ったので丸々引用してしまいました。

といっても、このブログではこのようなことをずーっと言わせてもらってまして、問題だと話していましたが、まぁ国家公務員様でしたら気づいてあろうことですが全く改善する気はないようで。

しかもさらに共働き世帯数が増えたのに世帯収入は減っているとかいう絶望的な状態。共働きじゃなければピークに比べて122万円減ってるっていうレベルじゃないぐらい減ってるってどういうことなのか。

最終的にはマインドの問題にされて、物価も賃金も上がらないというのをなくそうという話で終わっているんですけど。そんなこともず~っと昔から言われていたことで、それでなんで変わらないのというのが延々とループしているという感じなのがさらに無気力になってくる感じですね。

失礼かもしれませんが、この程度のコメントでしたら自分でも過去の記事見ても何回か話には出ていると思うので、なんとかブログ収入とか入ってこないかなぁというレベルなのです。まぁ、個人の考えのメモをしているだけで基本見てもらうのを考えてないのでお金がもらえなくても頑張って継続していきたいとは思っていますが。

なんとか収入がもらえるように頑張って記事やらyoutubeやらやれるようになっていきたいところ。

公務員の受験者数かなり減ってるようで

ゆとり世代の就活生が公務員を嫌う理由 (プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00023067-president-bus_all

「2017年度採用試験において国家公務員一般職(大卒程度)の申込者数は3万5142人(前年度より856人減少)。就職活動が「氷河期」といわれた1995年度は、申込者数が8万211人」

95年と考えると記事では大学進学率も上がってどうのこうのって言っていますが、まぁ

大学進学率90年の時が25%で09年で50%ってことは結構差があるかなぁとか思うと、さらに90年の時に22歳ということは、68年うまれかな。180万ぐらいか

まぁかなり適当に調べただけなので信ぴょう性が薄いがそんなものかなぁ。

そう考えると確かに申請者数減りすぎだなと思いました。

と、まぁ国家公務員は忙しいっていうのはよく言われてて地方公務員を考えてないのでこういうこといっているのでしょうが。地方公務員の合計の出願数みたいなのはないのか調べてでも出てこなかったですね。

それにしても今の新卒の方々は恵まれているみたいでうれしいことです。

もっともっと景気が良くなってほしいですね。地味に円高になっていくかと思ったら今日もほぼ112円。

もっと円安になって、国内雇用が増えたり待遇が良くなってくれるのを願います

かなりかんたんにまとめました。

 

日本よって言っていますが先進国すべてに当てはまりそうですね。自由貿易が社会を傷だらけに

日本よ、いい加減、現実を見よう 自由貿易が社会を傷だらけにする (現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170913-00052829-gendaibiz-bus_all

 

記事では「BRICs首脳会議では、「あらゆる国と人々がグローバル化の利益を分かち合える、開放的な世界経済の重要性を強調する」とする共同宣言が採択されたという」

ということで、まさしくその通りなのですが、現状先進国の中所得以下の人間はどちらかというと仕事を奪われてるだけで、いいことないよね的なことがまとめて書いてあります。

実際のデータみたいなのがないのが残念なところですが、今の世の中の問題点がまとめられていていい記事だなと思いました。

資本と労働の力関係が変化して、グローバルの競争に負けないように強い人は海外に出ていかないと競争に勝てないとか、いろいろと権力を使い税金とかの優遇を受け、低いほうは簡単には移動できないから結局税金を多くとられても何もできないというし、恩恵を受けることがかなりなくなってきたっていう悪循環的なことが本質かなぁと読んでいて思いました。

まぁこういうグローバルにしたおかげで世界レベルで見ると貧困層が減ったのは事実で、新興国もかなり出てきてお金稼ぎたい人はだいぶ稼げるチャンスが増えたのもあってそれはすごくいいことです。

しかし、先進国の中間層に生まれちゃったら、どちらかというとチャンスが減っている現状があると思うのでここの問題をクリアすればかなり世界はよくなるんじゃないかなぁと。なんかだいぶ世界荒れてるような気がしますが、問題点としてはこれだけの気がするので、すぐにでも解決できるでしょと、ポジティブに締めくくりたいと思います。

 

相変わらず継ぎ足しで文章書いているので文章変だったらごめんなさい。

あと、いつの間にかスターくれた人がいたみたいでありがとうございます。

よくわかっていないのであれですがスターお返しみたいなのもやると思いますが、迷惑かなぁとかも思わなくもないので少し時間おいてからやると思います。

日本人同士苦しめあうのも終わってますが、外人にやるのもかなり終わってますよね

技能実習生に暴言 労災認定 | 2017/9/12(火) 18:59 - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6253820

しかも技能実習生としてきているのに、業務を教えたりせず、ほんとただの作業者として使ってただけなんだろうなぁと思うと、この国そのものがブラックとか言われたら販路運ができなくなってしまうなぁと。

まぁ、現実問題アメリカでも多様性があってどうのこうのとかいいつつも、案だけ暴動があったり、実は差別がすごくてとかも最低だと思ですが。

まぁ外国でもダメなところいっぱいあるとか言って国内もまぁ仕方ないみたいなことを言い出したら未来なんてよくなるわけないので、アメリカとかの件は置いとくとして。

とまぁ、こういう暴言を吐いていた人もひどい使われ方をしたからこんなことができるんだろうなぁと。大本の原因を考えて改善しないと、個人の責任問題にしていたら問題の改善なんてできないですからね。

まずは、暴言とか吐いちゃう人も疲れてるだろうから、会社やめるなりなんなりしてゆっくりするのが大事だと思います。

やっぱり余裕がないといけないと思いますが、東京都下はオリンピックの影響で建設需要高いかつ、納期もかつかつで大変なんだろうなぁと。計画遅らせることとかできないのだろうか。夏季オリンピック日本だとかなり暑い時期になっちゃうから8月ぐらい開催だったと思いますが、10月とかにしてみたらどうなんだろ。って簡単にできるわけないか。

 

貿易も黒字のようです。5000億円ぐらい

7月の経常黒字最大=2.3兆円、海外から配当増加 (時事通信) - Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000021-jij-bus_all

ドル円が107.83円ぐらいで円高が進行中とのことですが。

まぁこんだけ黒字出してたらそうなるのかなぁと。

なんとか110円に戻ってほしいところだけど、どうなることやら

内部留保しまくっているから100円ぐらいになってもなんとか国内投資は継続してほしいところだけれども、国内の需要は明らかに低下したまま(そもそも給料増えてないから当たり前だけども)だから難しいわなぁ。

 

特に一番問題なのは、金融緩和するのも限界に近付いているという話で打つ手が今後なさそうだから円高もっと進んで外の物が安くなっていったら脅威だよなぁ。もう国内でほしいものってそこまでなくて外国製品でいいかみたいなのもだいぶ進んできているでしょうし。

 

 

自分はとりあえず、国内雇用のことを考えて国内にお金が落ちるように消費してこよう。。。そんなお金持ってあんましないですが、そういって使わないとさらにデフレりなりますからね。。。

久しぶりの更新

続けよう、続けようと書いておきながら、相変わらず続けれておらず、何とか復帰のブログ。

これからまた、継続してブログを更新していけるようにしたいなと。

ということで、相変わらず、スマホで気になった生記事だけとりあえずまとめます。

近いうちにひとつづつでも取り上げて考えをまとめていきたいところ。

 

科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア

http://blogos.com/article/219280/

 

アベノミクスの七不思議を考えながら、今後を占ってみた

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9126

 

下流化ニッポンの処方箋

https://mainichi.jp/premier/business/%E4%B8%8B%E6%B5%81%E5%8C%96%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%87%A6%E6%96%B9%E7%AE%8B/

他者を“無価値”と切り捨てる社会はどこに向かうのか

全世代に広がった貧困が「自己責任」のはずがない

本当の敵は高齢者ではなく“雇用を破壊した人たち”?

 

人手不足でも賃金低迷 日銀ベストセラー、編者に聞く

https://style.nikkei.com/article/DGXLASFL20HQH_R20C17A6000000

 

子どもの貧困率が減った! 何がどう変わったのか

https://news.yahoo.co.jp/byline/yuasamakoto/20170701-00072789/

 

残業減らしで外注急増、大企業社員の劣化が止まらない

http://diamond.jp/articles/-/133938

 

潰れる会社に必ずいる「静かな殺し屋」の正体

http://toyokeizai.net/articles/-/179756

 

文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 「本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったとき」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000001-withnews-sci

 

「衰退する西洋と日本の共通点」知日派エモット氏語る

http://diamond.jp/articles/-/136184

 

成長する企業は人材流動性が低い

http://japan-indepth.jp/?p=35214

 

日本の10代の92%が「創造的」だと思っていない現実をどうする

https://news.yahoo.co.jp/byline/endotsukasa/20170726-00073762/

 

低所得者向け減税」が米国経済を救う理由

http://toyokeizai.net/articles/-/180694

 

「日・独が組めば、グーグルだって超えられる」世耕弘成経産相

https://forbesjapan.com/articles/detail/17084

 

パナソニック・宮部専務「自動運転車、自前で作り上げるところまでやる」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00010003-nkogyo-ind

 

新国立工事で過労自殺、「重層下請け構造」が引き起こす悲劇

http://diamond.jp/articles/-/136876

 

イライラを溜め込むお母さんと自己肯定感の低い子どもたち。子育ての非常事態を救うには……。

https://www.bookbang.jp/review/article/536654

 

この先の資本主義経済を生き抜く ぼくらのための『資本論』の読み方

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170824-00010001-nkbizgate-bus_all

 

近現代史は逆から学べば分かりやすい、というシンプルな話

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170824-00010004-jisin-soci

 

消える終身雇用「若者は一生に2つ3つのキャリアを」英テック教祖を直撃【フィンテック最前線】

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20170824-00074869/

 

ブラック企業は日本社会の「立場」主義が生み出している

http://diamond.jp/articles/-/139121

 

ドイツ人の焦り ドイツの経済ターン終了か

http://www.thutmosev.com/archives/72162620.html

 

世界の地方創生はこんなに進んでいる

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10378

 

自由な発想で未来を切り拓く製品が勢揃いしたDIY展示会「Maker Faire Tokyo 2017」取材レポート

https://dime.jp/genre/432108/

 

私だけ割を食ってる"被害者意識"で怒る人

http://president.jp/articles/-/22890

 

人材サービスの新提案 “45歳以上派遣”は人手不足を補うか

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/211739

 

人材の選別に使われる"働き方改革"のウソ

http://president.jp/articles/-/22843

 

グーグル「性差別」文書にも「一理ある」─私がそう考える理由

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00010000-clc_teleg-int

28日からの続き

今日中にアップしたいけど、あと10分ぐらい。というわけで簡素に。

記事読み直したいと思いましたが、それもお預けで、勢いで書きます。

大本の記事は、総理大臣などをたたくようなリーク情報を流すと、リークを逆にされて私生活のことをばらされるっていうのが問題みたいな感じだったと思います。

これ確かにその通りだと思いまして、リークしている内容が、学校法人に対しての忖度のリークと私生活のリークって扱っている部分が違いすぎてさすがに不公平なのではないかと思いました。まぁ、私生活の部分のリークが明らかに違法(相手が未成年であったのにごにょごにょ)とかだったらそういうリーク合戦でもいいと思いますが、なんか違うんじゃないのかなぁと。でもまぁ、逆に文科事務次官っていう地位の人でも、ちゃんと行動を監視して悪いことしていないかというのはデータとして持っていたからこそのリークができたということで、それはそれで日本はスパイ天国って言われてましたが、ちゃんとそういう調査ってしているんだなぁと少し安心しましたね。

実際はどういう経緯で前事務次官の人のそういう行動がばれていたのかがわかりませんが。

最終的に、28日にも書きましたが、話題そらしやらなんやらの気がしてならないのは、その前事務次官の人はすごく誠実でっていうリアルタイムのニュースで結構信頼がある人だっていう話だったからなんかこの問題は謎だなぁという感じです。

と時間も時間なのでこの辺で。